Together to Tomorrow

あしたにむかって -aki's blog-

6月になりました。
春が来た〜と思っていたらあっという間に夏が訪れたよう…ここ最近、春と秋が短く感じられます。
「上品倶楽部」紙面に6月の行事にちなんだ「嘉祥菓子」について写真と併せて文章をかかせていただきました。お時間があるときにお読みいただければうれしく思います。
嘉祥菓子


【本文】
嘉祥菓子の行事食と室礼
夏至が近づき緑萌えるころ。6月16日は和菓子の日です。
神社などでは嘉祥この日に「嘉祥菓子」を振る舞う風習がございます。「嘉祥菓子」とは白木の片木の上に青杉の葉を敷いて、6月16日の16の数にちなんだ6種類、または16種類のお菓子を積んだおめでたいお菓子のことを言います。
そもそものこの行事の成り立ちは室町時代にさかのぼり、仁明天皇が6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓したことがはじまりだと伝えられています。ちょうどこの頃は盛夏をむかえる頃になりますので、冷房や冷蔵庫の無い時代の人々にとって夏の暑さはたいへん厳しいものでした。甘い物や厄払いの小豆を摂取し酷暑に備えたのでしょう。
その後も「16」は縁起の良い数とされ、嘉祥は江戸幕府でも盛大に行われました。
武士が栄えたこの時代、茶道に通じた豊臣秀吉は和菓子文化を深めました。また、「嘉祥の祝」を恒例として行っていたことが伝えられています。年に一度のこの日、普段なかなか口にすることのできない甘い食べ物を、勢を出すためにと兵士たちに公平に振る舞ったということです。
しかしこの行事は明治以降にすたれてしまいました。そこで、全国和菓子協会が嘉祥の行われた 6月16日を「和菓子の日」と定め、行事を通じて和菓子文化を今日に伝えています。
現在はヘルシー志向で敬遠されがちな甘い食べ物ですが、多少の砂糖は脳に良いと言われ、リラックス効果もあります。また甘い食べ物を前にすると、堅い顔もほころぶような気が致します。
古来より伝わる行事に習い、健康を祈願して今年も暑い夏を乗り切りましょう

<嘉祥菓子の室礼>

嘉祥菓子6品

季節の飾り花

 

<嘉祥饅頭>

陰陽五行に基づく厄払いの5色の嘉祥饅頭

 

<夏越しの大祓・水無月>

6月30日に水無月というお菓子をいただく風習がございます。

魚の鱗を模した三角形と小豆の赤は厄除けを意味し、盛夏の酷暑に備えます。

神社では「茅輪くぐり」の行事が行われます。

(文・室礼/すずきあき)

DSC01286
庭にある「みずきの木」が初夏の光を浴びて元気に花ひらきました。
屋根にとどく高さがありますが、老木なので梢が枯れている枝もあります。
けれど、地球の重力にも負けず、こんな高いところまで水を吸い上げる樹木の生命力に心動かされます。

『孔雀 シャングリラ』
bunkamura

かねてから来日公演があったら必ず行きたいと思っていた舞台、ヤン・リーピンの『孔雀 シャングリラ』。念願が叶いBunkamuraでの公演を観に行ってきました。

憧れていた舞踊「月光」に涙があふれ、中国各地の舞踊には人間の営みの原点を感じました。「シャングリラ」はヤン・リーピンが舞踏家としてのフィナーレを演じているようでした。幕が閉じ、彼女が踊りを通じて伝えたいことが分かったような気がします。今回が彼女にとっては最期の『孔雀 シャングリラ』でした。本当に観られて良かった・・・
ヤン・リーピンの『孔雀 シャングリラ』
幼い頃からバレーやミュージカルなどに連れて行ってくれた母に、今日は私が母を招待しました。

空気に春の花の香りが漂うようになってきました。心うらららかに春の到来です。

「上品倶楽部」紙面に、「春のお彼岸」について写真と併せて文章をかかせていただきました。お時間があるときにお読みいただければうれしく思います。春彼岸
【本文】
春のお彼岸

今年の「春分の日」は3月20日です。この日は、昼と夜の長さが同じになり、太陽は真東から昇り、真西に沈みます。「春分の日」を真ん中にした一週間が「春のお彼岸」彼岸会(ひがんえ)となります。

「彼岸」とは「向こう岸」という意味で、仏教では阿弥陀さまのすむ極楽浄土とされています。そこは真西の方角に位置し、太陽が真西に沈むこの日、死後の世界と現世とが通じると信じられています。お彼岸の間には、先祖のお墓参りをし、「ぼた餅」をお供えして過ごす風習が今日にも伝わっています。「ぼた餅」の呼び名は、この季節に咲く牡丹の花に似ていることに由来。これに対し、秋のお彼岸には萩の花が咲くことから「おはぎ」と呼ばれるようになったようです。

「暑さ寒さも彼岸まで」のことわざのように、陽気も春めいてくるころです。春の花が咲きはじめ、自然界は芽吹きの季節をむかえます。ご先祖さまや故人に思いをはせ、春を感じに出かけたいものです。


<お彼岸の室礼>
ぼた餅、桜茶、春の花、香炉


(文・室礼/すずきあき)

kamakura1
kamakura2
鎌倉近代美術館が2016年1月で閉館と聞き、最期の展覧会を観に行ってまいりました。
見応えのある美術展に、日本の美術界の華やかな一時代を感じてきました。
板倉準三氏の設計したRC建物は、65年前とは思えないモダンなデザイン。
私はまだ生まれていない時代ですが、日本の近代化とデザインの芽生え期を思わせます。
ファンの声などから、建物は温存されることに決定されたそうです。
板倉氏は日本におけるル・コルビジェ(仏の建築家)の弟子の一人です。我が家もまた、その一人である吉阪氏の設計。古き良き、モダンな雰囲気を、微力ながらこれからも大切にしていきたいと思っています。

上野にある旧岩崎邸内<文化庁国立近現代建築資料館>で、吉阪氏とU研究室の展覧会が開催されていますので、こちらにも出かけようと思っています。

kuwai


お節料理につかいそこなっていた「くわい」を蒸し焼きに。
姿も、その色彩も美しい食べ物です。その姿から芽が出るという意味が重ねられ、縁起物としてお正月に食されます。今日は立春、旧暦のお正月ということで「いただきま〜す!」

江ノ島
江ノ島ギネス
睦月の江ノ島。
妹に会いに来る場所。
ずっと一緒に飲もうね…今年はギネス。

このページのトップヘ