Together to Tomorrow

あしたにむかって -aki's blog-

自然界の春が近づいています。
「上品倶楽部」紙面に、「節分」について写真と併せて文章をかかせていただきました。お時間があるときにお読みいただければうれしく思います。
setsubun
【本文】

2月4日は二十四節気の「立春」にあたり、文字どおり春の始まりをさします。春告げ花の梅が咲きはじめ、空気は冷たくともふんわり春の香りが感じる頃。旧暦のお正月はこの「立春」から始まるので「新年」と「新春」が結びつくのです。「立春」の前日2月3日は「節分」行事が行われます。元旦の大晦日のように、一年の穢れを祓い、清々しく新しい年を迎える日とされています。

「節分」の日には、年の邪気を祓って新しい年を迎える「豆まき」が行われます。邪気の象徴である「鬼」は隠れて姿の表さないものとして「隠(おに)」とも書くそうです。「豆」は「魔滅(まめ)」に通じ、豆を「煎る」は「射る」に語呂を合わせているとか。

さて、節分の日に退治する恐ろしい鬼、なぜあんな格好をしているのでしょう?一説によりますと、ウシとトラが混ざった架空の生き物だそうです。2月は丑虎(うしとら)の方角に位置し「鬼門」とも呼ばれ縁起が悪いとされます。鬼の角はウシ(丑)の角、鬼の牙はトラ(寅)の歯、それにパンツはトラ(寅)柄ですね。母の実家がある秋田県では、節分の日に鬼の姿をした「なまはげ」が各家を廻る厄払い行事が行われます。私も子どものころに体験したことがありますが、雪が積もる寒い夜に土足で家に入ってくる「なまはげ」が恐ろしかったこと恐ろしかったこと。

 節分の日の行事食として「炒り豆」を食べるという風習がございます。豆は升に入れ神棚に奉り、夜になると神棚からおろし奥の部屋から順に「福は内」と言いながら豆まきをします。最後に玄関で外に向かって「鬼は外」と言ってすぐに戸を閉めます。夕食後には家族が銘々自分の年の分だけ豆の数えていただきます。これは新年にかけての「年とり」の行事に由来するもの。また「福茶」などいただく習慣もあります。

 節分の日、昔はどこの家からも子どもの元気な豆まきの声が聞こえ、お父さんも張り切って鬼を演じたものです。現在の生活にも、日本の年中行事が活き活きと存在しています。行事の意味を知り、ご家族そろって日本の季節を楽しみましょう。


<節分の室礼−1>
升をふたつにし、ますます福があるようにと祈願。
鬼=隠(おに)は文字通り隠れています。

 
<節分の室礼−2>
雪は寒さ(陰)の象徴、赤は厄除けの色
鬼の苦手な炒り豆、柊(ヒイラギ)、めざし

 
<節分の福茶>
湯飲み茶碗に炒り豆、塩昆布、梅干しを入れ、ほうじ茶を注ぐ飲み物


<かざり豆>
三方、墨で×と書いた半紙、炒り豆、鰹節


(文・室礼/すずきあき)

 A Happy New Year 2016
shougatsu01
shougatsu02
shougatsu02

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
健やかに、実り多い一年になりますように・・・

christmas
両親、従妹たちを招待して、家族でクリスマス会をしました。毎年と同じお店のローストチキンを囲んで楽しいひととき。手作り料理と美味しいワイン、みんなでわいわい楽しい夜でした♪メリークリスマス♪

itoh08
itoh06
itoh09
itoh07
itoh05
itoh04
itoh03
itoh01
itoh02
誕生日はいつも海の近くで…
ダブルのお祝い。
「冬」になりはじめの、清々しい自然にふれる旅でした。

今年も残り少なくなってまいりました。
「上品倶楽部」に、「冬至」について写真と併せて文章をかかせていただきました。
touji

【本文】

『冬至』は二十四節気のひとつで、今年は12月22日がその当日となります。この日は一年で最も陽のある時間が短くなります。夏至と合わせて「至点」と呼ばれ、太陽の赤道面からの距離が最大となる瞬間であり、それぞれの季節の始まりを表す日とされています。

冬至は、陰と陽の入れ替わる日、また寒さが最大になる日と考えられ、古来より意味をもった日として人々が過ごしてきました。その晩は「ゆず湯」につかり、一年の穢れを祓い浄める風習が今日にも伝えられております。

冬至の行事食には体をあたためる「かぼちゃ」をいただきます。かぼちゃとあずきを一緒に煮る「いとこ煮」や、かぼちゃや他の野菜をうどんと煮込む「ほうとう鍋」など、各地様々な行事食をいただくようです。

季節の入れ替わりにあわせ、私たちも身を清めて、自然のめぐみに感謝しながら温かくしてすごしたい一日です。


<冬至の室礼>
かぼちゃ、柚、小豆・唐辛子(厄除けの赤色)、
からすうり(別名:ねずみうり・ねずみは始まりの意味)


(文・室礼/すずきあき)

次回は「節分」について書かせていただく予定です。

久しぶりの休暇…
あんこう鍋と新鮮な魚介をぞんぶんに楽しんだ旅でした。
お腹の中も冬支度です。
oharai01
oharai02

2015年も締めくくりの時季に入ってまいりました。
 プラスさまのショールーム「+PLUS」におきまして、
Simoon(シムーン)展示会をさせていただく運びとなりました。
皆さまにお立ち寄り頂ければ幸いに思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

【Gallery+PLUS vol.29】ロクタ紙アート&ライト展  (Simoon)  
2015/12/1〜12/25


【Gallery+PLUS vol.29】

ロクタ紙アート&ライト展   (Simoon) 

12月1日(火)〜12月25日(金)10:00〜17:00(土日祝休館)
会 場:プラス株式会社ショールーム「+PLUS」 / 入場無料
SimoonxPlus2
Simoon(シムーン)は、ヒマラヤ原産の手漉き紙・ロクタ紙を原材料にしたアートや照明などを企画・制作するデザインアトリエです。現代の感覚からすると驚くほど素朴な工程を経て作られるヒマラヤのロクタ紙は、時代の新旧・スタイルの和洋を問わず、どんな空間にもマッチする不思議な力を備えています。このロクタ紙を使い、シムーンは現代の我々の生活空間に自然さと豊かさを添える様々な形の提案をおこなっています。



【丸山瑞木(Mizuki Maruyama)プロフィール】

'67年生まれ東京都出身
美術評論家であり、平安仏・円空仏の研究家だった父のアシスタントを少年期より勉める。
また自身、大学卒業後は国内外の歴史的建築物、モダン建築を取材しながら、雑誌・新聞等に執筆活動を行う。

2010年より、すずきあき氏とユニットを組み、「Simoon(シムーン)」の代表としてロクタ紙の新しい可能性に取り組む。
主にデザイン、ディレクション担当。


【すずきあき(Aki Suzuki)プロフィール】

'76年生まれ東京都出身
美大卒業後、現地人の案内で訪れたネパールで、ヒマラヤの手漉き紙「ロクタ紙」に出遭う。
2001年、フリーのデザイナーとして独立。
ロクタ紙を用いた作品で、店舗やモデルハウスのアートを手がける
2010年、丸山瑞木氏と「Simoon(シムーン)」を結成。
主に制作指導、ペーパーコーディネーターとして活躍中。


http://www.simoon-art.com/

このページのトップヘ