Together to Tomorrow

あしたにむかって -aki's blog-

2010年01月

tougarashi
スローフード 江戸東京発信
「大都会の野菜たち 内藤とうがらし」
〜古きを学び、新しきを楽しむ〜

【日時】2010年1月13日(水)〜17日(日)
     9:00〜16:30(最終日〜16:00)
※講演会も開催
16日「江戸学、植物学」 / 17日「民俗学、食学、雑学」
【場所】新宿御苑インフォメーションセンターアートギャラリー (入場無料)

主催:スローフード江戸東京・内藤とうがらしプロジェクト
後援:ルクエ

江戸時代の新宿には「内藤藩主」の宿場町があり、新宿御苑は畑として位置していました。一番の特産物は「トウガラシ」、当時の風景は赤いじゅうたんが一面にしかれている様だったそうです。「江戸野菜」を通じて、江戸の庶民の歴史や食文化を知ることが出来きます。今回は「内藤トウガラシ」にスポットをあてた展示会です。

このたび、当イベントのアートディレクションをさせていただくことになりました。「内藤トウガラシ」の赤色をテーマカラーに江戸情緒を思わせながら軽やかに演出。唐辛子で染め上げた和紙で作るタペストリーと江戸野菜を室礼、そのほかにも、トウガラシ+和紙の表現を随所に施したいと思います。知れば知るほど、なるほど…と、勉強になりながら関わらせていただいています。

鏡開きも終え、お正月ムードも一区切りつくころ、
晩冬の新宿御苑へ是非お出かけ下さい。
内藤トウガラシ002

絵巻皿
大崎庄右ヱ門さまの干支蒔絵皿の干支図案を描かせて頂きました。
今年より、干支の一廻り(12年)この役目を担わせて頂くことになり
大変光栄に思っております。
「輪島塗」のすばらしさ、
日本の「塗りもの」の奥ゆかしさに触れていたいものです。

黒寅










黒塗りの「寅」もシックで落ち着きがあります。

大崎さまは、
1月にパリ・メゾン・エ・オブジェ(フランス)に、
2月にはテーブルウェアフェスティバル(東京ドーム1/30(土)〜2/7(日)
にご出展されます。
輪島塗師屋 大崎庄右ヱ門

元旦
本年もよろしくお願い申し上げます。

このページのトップヘ