Together to Tomorrow

あしたにむかって -aki's blog-

2011年02月


日々の生活の中で、
ささやかな「こだわり」を綴る時間が好きです。
文章に思いを込めると、気持ちが軽くなります。
また、自己の社会的な面と個人的な面の懸け橋となり、
バランスを取るのも綴る時間です。


ブログ「あしたにむかって」は
わたしが30歳になる節目の年から綴りはじめました。
大きな変化があり 小さな変化があり 
良いことがあり 悪いことがあり 
いろいろな場所や人と出会い 
新しいことを試み 
思いがけず記憶の私記録になりました。

環境の変化で少し忙しくなってきました。
わたしの好きな 「綴る時間」 を大切に温存したく、
ここでしばらく筆を休ませることにします。
また不意に書きたくなるときは、徒然なるままに。

2011.2.7 すずきあき

今日から 暦は春に入りました。
昨年、ライアー(竪琴)奏者の三野友子さんとご一緒させていただいたコンサートでは、アンデルセンのお話を朗読しました。お話選びの時に、童話集の中で『年の話』というお話が心に残りました。
「年」を擬人化し、一年を人の人生として表現したお話です。
毎年おとづれる春…
古きに分かれ、新しきを迎える季節。透き通るような空気感の情景に深く胸を打たれました。 アンデルセン童話集3/岩波書店刊

季節の移り変わりは、人の一生のよう、

春に息吹き、夏に萌え、秋に実り、そして次の代に世を移す

節分

節分(雑節)

 2月3日は「節分」です。旧暦で、2月4日の「立春」は新年にあたりますから、「節分」は言わば旧暦の大晦日となります。一年の邪鬼を追い出し、新年の福を呼び入れる行事です。まめは魔を滅する…鬼は外~ 鬼(寒)を家から追い出したら、新しい年の福(春)を呼び入れます。ますます福が来るようにと升は二つ。生命が生まれ変わり、清らかな春がおとづれます。
 二十四節気では、「立春」を期に 暦が「冬」から「春」へと移ります。今年は暦どおりに寒さが緩んでいくように感じます。暑さ寒さが暦どおり巡ってくると、何故だか嬉しく思うのは 近年の気温の変化でしょうか。

ohuku


お飾り用にと、福面と鬼面を作りました。お福を並べほんわかムード…右のお福が私に似てるとか?


・・・・・・お知らせ・・・・・・
和の趣きを大切に思う女性たちではじめる
和文化サロン
『歳時あそびの会』
和心のある美しい生活を
~和のたしなみを楽しみながら身につけましょう~
日本の年中行事を通じて、衣/食/住/飾を愉しむ会です。文京区の古民家「ギャラリー園」を会場に、毎月第1土曜日に行う和文化サロン。日本の行事の意味を知り、輪島塗りで和菓子を頂き、女性らしい和のたしなみを身につけます。いつもの生活に美しい和心を… 
http://blog.livedoor.jp/saijiasobi/
3月5日(土)から毎月第1土曜日 15:30~17:00 (1.5H)
どうぞ よろしくお願い致します。

このページのトップヘ