Together to Tomorrow

あしたにむかって -aki's blog-

2012年02月

今年の冬は、東京にも雪がよく降ります。
今朝、目覚めてカーテンを開けると一面真っ白の雪世界。壁には10cmほど積もっていました。水分を含んだ重い雪です。雪国育ちの母は、からだが自然に動くようで朝から屋根の雪おろしに奮闘していました。
雪景色は夜がいちばん素敵、街灯に照らされる銀世界はお話の中のよう。だから、雪が降ると、決まって夜に散歩に出かけたくなります。今夜はとなり町まで歩いてみよう、もしかしたら何か一杯飲んでお家に帰ろうね…。

妹と共通の古いお兄さん友人に連れられ鎌倉の海に。海岸沿いのレストラン、カジュアルイタリアンにトスカーナのワイン。ほろ酔いで海岸を降り砂浜を歩いた。その日は2月なのに潮風は生暖かく、海はまるで私たちを迎えてくれたよう。潮の匂い、砂が返す足への感触、街灯にうっすら浮かぶ白い波しぶき、妹の好きだった海の景色。私は彼の胸に泣きました。

Ourin_Kikkou
今年3月にオープンされる「成城歐林邸」にアート作品を納めました。設置された作品を拝見させていただくために、追い込みの現場にお伺いしました。「成城歐林邸」は明治の財閥、山縣 有朋(やまがた ありとも)の邸宅跡地の建てられるシルバー施設です。元々のクラシカルな家具や建材を新しい空間に配置させた新旧混合のモダン空間が誕生します。時代の遍歴を経てもなお、由緒ある建物に関われたことに誇らしく思います。

その後、成城の閑静なお屋敷街をお散歩・・・するとどこからかゴボウを炒める臭いがしてきました。日本の夕暮れらしい一時が、この街にもありました。古い桜並木が素敵だったので、桜の咲く頃にまたお散歩に訪れたいと思いました。

19日(日)の「歳時あそびの会」のテーマは「上巳の節句」について。桃が咲く頃から「桃の節句」とも呼ばれます。
今回は調度品が多く出されます。一欅庵(辻家)に伝わる年代物の雛人形、M家に伝わる永畝画の立ち雛のお軸、輪島大崎漆器店からお借りした江戸時代の漆器など、数々のご協力をいただきました。
歳時あそびでは桃の花をあしらった「太巻き」の作り方を習います。スタッフの企画なので、私も初めての体験を楽しみにしています。
この季節に飲みたくなる温かい「甘酒」もご用意します。桃の花びらを浮かして「桃花酒」として頂きたいと思います。絶品の酒粕も輪島から取り寄せました。

暦の上では春が訪れていますが、まだまだ寒い日が続きます。
ひとあし早い「ひな祭り」となりますが、
気品あふれる素敵な日になりそうです。

歳時あそびの会 
杉並の古民家「一欅庵(いっきょあん)」を会場に、
毎月第3日曜日 13時〜15時 開催中

momo

テーブルウェアフェスティバル

東京ドームで開催中の「テーブルウェアフェスティバル2012」の会場から、ノリタケのブースに飾られたSimoonのアートパネルの写真が届きました。和風空間にモダンなデザインがしっくり馴染んでいます。

燻った風合いのノリタケオリジナル磁器が、和風の晩酌空間に瑞々しく表現されています。黒塗りの食台は輪島塗大崎漆器店、生花の生け込みは青山FUGA…素敵なキャスティングにSimoonも仲間入りさせていただきました。


「テーブルウェアフェスティバル2012」

2月4日(土)〜2月12日(日)
場所:東京ドーム
時間:10時〜19時
(敬称略)
simoon Art2012


2012/02/02
Paper Art Works 2012 -06
Lokta Paper Product by Simoon

このページのトップヘ