Together to Tomorrow

あしたにむかって -aki's blog-

2013年01月

メダカ鉢に氷がはったのは、今年に入って何回目かしら。
去年生まれたシロメダカ達が、氷の屋根の下で元気に泳いでいます。

春はまだかなぁ…って。


山椿はつぼみをふっくらさせ、昨日ひとつ咲きました。

立春が近づく、


暦の上での暮れゆくころ。
立春に通じる節分は、自然界の大みそか。


一年の穢れを払う豆まき、
自らの鬼を退治して新しきをむかえる。

節分の室礼


春のおとずれに感謝して。


2013.01.28

-立春-

初釜_江戸千家02
お皆具・御棚(爪紅塗り)
初釜_及台子爪紅塗お皆具
江戸千家の初釜は上用饅頭
初釜_江戸千家

初釜
2013.01.19

雪景色のお庭から差し込む光が清々しく、早春の清らかさを感じさせる良いお時間でした。
わたしも少しお手前をさせていただきましたが、とても緊張しました。

hatsuyuki
今朝、きれいな雪が降りはじめました。
雪んこは夕方までずっと降り続き、
たくさん積もってすっかり雪景色に変えてしまった…
わたしの大切な人がそばに来てるような気がしていました。

2013.01.14

kinuta
彼が泳いでいる間、ひとり砧公園を散歩した。
お正月あそびをする親子の姿、せっせとエネルギーを燃やすべく走る人たち。


夕暮れの風景は、一寸ごとに空の色をかえて、
木々の梢のかげをくっきり写し出す。

枯れ草を軽やかな踏み締め、
今年はどうしようか…と漠然と考えていた。
いろんな顔や、様々な場面が浮かんでくる。

空はさらに焼けてきて、サーモンピンク色と陰とだけになってきた。

おぼろげに抱負が決まってきたころ、待ち合わせの時間がきた。

何となくいい年になりそうな予感です。

2013.01.02


NewYearImage
2013.01.01



鐘楼窓からまっすぐに光が射した瞬間
廃墟となったその古い建物は
神秘に満ちたその姿を
私たちに見せてくれたのでした。


アイルランドの小さな教会の遺跡(2012)

このページのトップヘ