Together to Tomorrow

あしたにむかって -aki's blog-

2013年05月

DSC04746
インド行きの飛行機から思わぬ景色に遭遇、日本一高い富士山を見下ろしてしまうことに。夕方発の便だったので、西に沈みゆく夕焼けの太陽を追いかけて行くという不思議なフライトでした。うっすらと山にかかる雲のベールはまさに幽玄の世界、やがて飛騨の山々が見えはじめ奥ゆかしい景色を堪能するのでした。

日本人として何時かは登頂しなければなどと思っていた富士山、不意に達成してしまったような…
けれど考えてみれば、ネパールへの往復にはいつも世界一高いエベレストの上空を飛んでいるのよね。

人間が空を飛べるようになって100年以上になるけれど、鳥や虫のように機械が空を飛ぶことはやっぱり不思議なことに思えてなりません。


IMG_0937
14th Mar.2013 /Kathmandu NEPAL

またネパールに来ていました。
カトマンズの古都、夕暮れのダルバールスクエア。
初めてここに来たのは12年前でした…けれど何故か記憶がうすい。
私自信の好奇心の問題なのでしょうね。
その後、仕事で幾度か訪れてきたカトマンズ。

今回は新たな心境でその場所を訪れました。
不思議と、それらの輪郭がくっきりと記憶にとどまったような気がします。
この国に親しみを持ってきた歳月があり、新たな見方を見いだしたような。

遙かなる、けれども近いヒマラヤの国。

DSC07071
今年はじめの蓮花が咲きました。家の歴史とともに年月を重ねた蓮だそうです。
おおきな葉っぱは金魚たちの屋根となり、かくれんぼができます。
これから晩秋にかけて、次々と花を楽しませてくれることでしょう。




medaka
去年生まれたメダカたち、すっかり大きくなってメダカ鉢で元気に泳いでいます。お母さんになったメダカはおなかが大きくなって卵を産みます。この頃になるとブルーベリーが実をつけ小鳥が遊びにやってきます。ライムは花を咲かせ、甘い香りがミツバチを誘います。去年植えたブラックベリーは花を咲かせました。木々が葉をたくわえ気持ちの良い木陰をつくるようになってきました。毎年のことですが、小さな庭は初夏をむかえ新しいことがいっぱいで楽しいです。
lime&bee
Blueberry


DSC06629

26th Mar.2013 /Jaipur INDIA

デリーから南西方向に車で6時間、ジャイプールという古い町を訪れました。
空を切り立つ巨大建築、これは天文台です。
占星術を好んだこの地域のマハラジャのロマンスあふれる300年ほど前の遺産。
現行で時刻を計っているのですから驚きです。

DSC06641

これは日時計、大きければ大きいほど時刻のくるいが少なくなるのだそうです。
DSC06676
大理石が豊富なインドでは、至る所にライムストーンが使われています。
ほぼ正確な大半球が地面に埋め込まれ、日影を観測するものです。
古代、「0」ゼロの発見をしたのはインド人ですが、それが数学の原点となりました。

とにかくインドは広い…どこまでも続く平地とともに、インドの建造物も巨大です。今まで北インドしか訪れたことはありませんが、東インド会社の面影残る地域へも、いつか足を伸ばしてみたいと思います。旅好きの私たち、次はどこへ行くのでしょうか…

ran


去年の贈り物を大切に育てていました。
ふくれたつぼみが割れ、白く美しい花びらを見せました。
あなたにもある美しい心を大切にしなさいと、花が言っているよう、
ポーシャの言葉のように…


このページのトップヘ