Together to Tomorrow

あしたにむかって -aki's blog-

2013年09月

IMG_4118
25th Mar.2013 /Jaipur INDIA
今年のインド旅行から半年がすぎました。乾いた大地、大きな空、そんなシチュエーションにサリーの透け感がなんとも異国の情緒を感じさせてくれます。

はじめてインドに行ったのは大学卒業の頃、高校からの親しい友人と。生まれて初めて、アジア大陸の大地を踏みました。怖いことも多かったけれど、何かに挑戦している感じが印象的な旅でした。友人と一緒のはじめの1週間は急ぎ足…と言ってもインドは広いし鉄道でのんびり移動しかできない…デリー・アーグラー・ジャイプール・ウダイプル・バナーラシーと旅しました。すべてが非日常に思え、理解できないことも多かった。
友人を空港まで送り、あと10日ほど一人ですごしました。北の町リシュケーシュにあるヨガ道場村に滞在したり、ムースリーという英国人がかつてつくったであろうひなびた観光地を訪れたりしました。
そのころは、隣国ネパールの手漉き紙を輸入して仕事をする自分の将来など、夢にも思っていない頃でした。

aki rainbow

自分で撮った写真に言葉をつけるのが好きで日々の生活の楽しみをブログ書いてきましたが、気がつけば7年になります。継続は力なりと言いますが、好きなことは自然に続けられるのだと気がつかされました。自分記録ブログは生活のバロメーターにもなりますから、これからも気軽に続けて行きたいと思います。

Together to Tomorrow あしたにむかって!

ダルバート
12th Mar.2013 /Kathmandu NEPAL

少しづつ秋めいてまいりました。

ネパールでは定食を「ダルバート」と呼びます。ネパールに行ったことのある方とは必ずこの「ダルバート」が話題のたねになります。これは今年3月にカトマンズを訪れた時、二階立てのレストランからグランド席のテーブルをのぞきこんだ写真です。ほら、みなさんダルバートを食べているでしょ!
ダル=豆スープ、バート=米、つまりご飯&お味噌汁という意味なんです。同じアジアを感じますね。
レストランやお祭食では、たくさんの副菜がついてもっとバリエーション豊かになります。
ネパールでは、テーブルについたら「ダルバート!」必ずご馳走にありつけます。



Raxa
2013年9月、東京ビッグサイトで3日間にわたり行われた『東京ギフトショー2013』に出展しました。ヒマラヤのロクタ紙の魅力に興味を持っていただく良い機会になりました。多くの方で賑わい、やりがいのあるイベントでした。
https://www.facebook.com/AtelierSimoon

DSC06737

26th Mar.2013 /Jaipur INDIA

ジャイプールからデリー空港に向かう道の夕暮れ、
もうすぐこの大地から離れる日の空。
インドの初夏のお祭ホーリーが各地で行われていました。

季節をこえて、半年前が懐かしいく思えます。

K3500040


がんばった帰り、空を気持ちよく眺められました。今日の空の雲は雄大。


今日から9月

昨晩、旅行中の両親が留守をしている実家に行く所用がありました。私の部屋は二階に東南にあります。私がいた頃とそのままの部屋で、不意に昔の絵を夫に見せました。絵といっても絵本のようなもの。昔の作品を見られるのは恥ずかしいけれど、素直な気持ちでした。彼はとても良いねと言ってくれました。実家で過ごしたしばしの夏休み、子どもの頃に戻ったようなあたたかく素敵な一時でした。


夜は鈴虫、日中はツクツクボウシがなきはじめました。
夏の終わりを感じはじめる頃です。




このページのトップヘ