Together to Tomorrow

あしたにむかって -aki's blog-

2013年10月

ookinakage
六本木に映画を観に行きました。待ち合わせの場所には大きな影が忍び寄る・・・
ハロウィーン気分が助長されました。

K3500061
近頃お気に入りの三軒茶屋の鳥屋さん、大きな大きなジョッキでチン♪ (ゴンかな?)
大好きなビールを気持ちよく飲めるって幸せ…

DSC07761
どんどん涼しくなってきます。秋の訪れとともに、冬の足音さえ感じる頃になってきました。
10月は秋晴れや紅葉の明るい面もありますが、空気が冷え冷えとしてきてちょっと暗い面もあるような感じがします。そんな月に誕生日を迎えました。台風接近で快晴とはいきませんでしたが、秋の海の上は気持ち良かったです!
IMG_6557

Lorrha
27th Jun.2012 around Lorrha/ Ireland

「サウィン・フェシュ(ハロウィーン)」は祝い事じゃねえよ…あんたら(アメリカ人)がハロウィーンと呼んどるのは「サウィン」といってな、キリスト教が伝わってくる前に、何百年もの間、異教徒だったアイルランド人の間で祝われとった祭りなんだ。「サウィン」はアイルランド人の四つの大きな宗教的な祭りのひとつで、10月30日の夜から始まって翌日の11月1日まで続く。季節の暦の一年が終わって、次の一年が始まる区切りの日さ。古いアイルランド語(ゲール語)で"夏"って意味の「サラウンド」と"終わり"って意味の「フィン」からきた言葉なんだ。だから「サウィン」ってのは"夏の終わり"ってわけだ。アイルランド語で"冬"はギムリッドというが、「サウィン」は冬の最初の日でもある。ドゥルイド達によると、人間の目に異界が見えて、精霊たちが人間に魔力を振るえる日だそうな…
キリスト教は、大昔のアイルランド人の信仰を完全に押さえつけることはできなかったのよ。キリスト教がはじまった頃には、昔の信仰や迷信や、それどころか儀式までもが、その中に取り入れられていったのさ。「サウィン」も"万霊(オール・ハロウ)の日"や、"万聖(オール・セイント)の日"と名前を変えてな。だから、その"万霊の日"の"前の晩(イブ)"はすべての霊の日の前夜、つまりハロウィーンとなったわけさね。

・・・・この土地(アイルランド)はいたるところに昔話だらけなのね。


「サウィン・フェシュ(ハロウィーン)」
は伝説のひとつだが、真夜中の鐘と同時に妖精の塚がぱくりと口を開けて、どの塚からも超自然のものたちが姿を現すんだそうな。ゴブリン(悪鬼)だのインブ(小悪魔)だのボギーマン(妖精)だの、悪魔だの、亡霊など、そういった連中が人間達に復讐しようと溢れ出してくると言われている。「サウィン・フェシュ(ハロウィーン)」の夜には、土地のものは誰も、家から出ることはせん。子供や若い娘、花嫁がさらわれると伝わってる。



翌日の11月1日は「サウィエン・フェシュ」"冬迎えの祭り"。古代アイルランド人は一年を四節季にわけましたが、とりわけ春の始まりの5月1日祭 ・ 冬の始まりの11月1日祭は、一年の重要な節目とし、超自然界が人間界にもっとも接近する日と考えられていました。多くの伝説・民話がこの2節句と関連づけて語られています。
ゲール語…昔のアイルランド人をケルト人と呼び、彼らが使った言語をゲール語といいますが、長期にわたるイギリスの弾圧において徐々に廃れていった言語です。古い民話や民謡などとして、現在に伝わっています。
ドゥルイド…古代ケルト社会における一種の「智者」。超自然との橋渡しをするものとして儀式を執り行うが、それのみでなく予言者、詩人、裁判官、医師、占い師、政の助言者、教師などを兼ねる智者のこと。
『アイルランド幻想』/ピーター・トレメイン
「冬迎えの祭り」章より


今読んでいる本です。
「ハロウィーン」にちなんだ章があったので興味を持ちました。

欧米暦では、今日はハロウィーンです。アメリカ人の1/4はアイルランドからの移民を祖先に持つ言われています。新しい土地に移り住み、古くからのしきたりや風習がかたちを変えて現在に伝わっているのですね。その昔は、この晩に悪魔と我が子とがすり替えられてしまうという言い伝えもあったそうです。今となっては子供が変装して"いたずら" と" お菓子" を交換するというお祭になりました。

日本では、夏から冬の区切りを祝う風習はありませんが、あえていうならば二十四節気の「立冬」でしょうか。暦の上では、この日から「立春」までが『冬』となります。

日に日に日没が早くなり冬の足音を感じる頃、暖が恋しくなる季節です。






wedding
土曜日は太陽がキラキラまぶしい秋晴れ、古くからの友達が結婚しました。しっかりものの美人のお嫁さんを横に、幸せな友人の笑顔。この方が彼の生涯の伴侶になるのね♪っと実感する結婚式でした。彼は友人をとても大切にする人柄で、集まる皆はほんとうに素晴らしい面々でした。懐かしい仲間にも出遭え、私も至福のひとときでした。
おめでとう、ほんとうに良かったね♫
夫婦って素敵ね!家族って喜びね!これからもよろしく
そして、旅人心に火をつけてくれてありがとう。

DSC07688


雨の降らない日が続くと、夕方に庭の水まきをします。昨年夫が「散水装置」なるものを設え、水道の蛇口をひねると庭に霧雨が降ります。サーっという音が気持ちよく、清々しい空気が漂います。水滴をたくわえた草や葉がキラキラと輝き出し、池では我が家のかわいい金魚が夜をむかえ静かにしています。ライムはぷっくり実り時、この庭がとても好きです。
DSC07689

DSC07640
小さなお庭には小さな生き物がたくさん住んでいます。

ある日実生から大きくなったある種の木に、よく食べる芋虫がいたので気にかけていました。数日後の小雨の朝、きれいな蝶々になっていました。身が乾かずなかなか飛び立たたいので、キレイな柄をじっくり観察することができました。

少しずつ秋めいてきて、庭の落葉樹たちも秋の装いになってきました。
ライムの収穫、夏中さぼった草取り…蚊も出なくなったので庭を楽しめる季節になってきました。

『はらぺこあおむし』(絵本) 作・絵: エリック・カール
harapekoaomusi

このページのトップヘ