Together to Tomorrow

あしたにむかって -aki's blog-

2015年01月

kunkun1月なのに少し暖かい日が続いています。
心なしか鼻がグズグズ、そうかぁ花粉が飛ぶ季節がまた来るんだ。
子どもの時からの重度な花粉症です。春の訪れの香りをいっぱい嗅ぎたいのに鼻の中は洪水状態(泣)。


もうすぐ立春。
暦の上ではもうすぐ春。木々のつぼみもふっくらしてきたように感じます。お正月の年末年始も気持ち新たに良いですが、節分・立春の年越えの方が季節に沿っているようで好きです。春の訪れは動物たちにとっても歓びの時。



わたしの好きな絵本「はなをくんくん」

雪深い森の中でどうぶつたちがはなをくんくん、なんだか良いにおいに誘われて次から次と冬眠から目を覚まします。行き着くそこには黄色いお花が咲いていました。小さな春に、みんな大喜び。




無題

inndian cinema
実はインド映画が大好き。2013年のインド旅行帰りの飛行機の中で観た映画が引き金となり夫婦でファンになりました。描かれるピュアな人間関係には温かい気持ちにさせられます。また、舞台となる風景の壮大さにも感動し、いつかその地を訪れたいと話しています。
もう何本観たことでしょう…わたしの好きな映画をいくつか。
「家族の四季」「ボンベイ」「ディル・セ」「大地のうた」「タイガー」「きっとうまくいく」「命ある限り」…他

パシュマティナート
まるで中世の絵のようなネパールの日常風景

パシュパティナート/Kathmandu 2013

ここは火葬場、ガンジス川の上流にある死者をとむらう聖地です。ネパールの人々は輪廻転生の思想を基に日常を過ごしています。死は終わりでもあり、始まりでもあります。ここでは、太古の昔から生と死の交換が行われているのです。人々の表情は悲しさというより、むしろ神秘さがただよいます。送り人がいない人々も、自己と対話するかのように自然に集まってきます。僧の歌と舞の儀式とともに、聖なるとばりが厳かに落ちてゆきます。たいまつの火がますます大きく燃え、繰り返されるお経が闇の空に響きます。

IMG_0122

今年も無事に新年が迎えられました。
公私ともに立て続くイベントで、年末年始のお家しごとは手つかずでしたが、
大好物の黒豆だけストーブで煮ました。


 A Happy New Year 2015
良い年になりそうです!

このページのトップヘ