桃の節句
「上品倶楽部」の誌面に、「桃の節句」についてコラムをかかせていただきました。

桃の節句は春の訪れを歓ぶ行事です。桃の花が咲く季節といっても、3月3日はまだまだ三寒四温。どうしてひなまつりの季節に桃は咲かないの?と思われる方もいると思います。日本の年中行事は旧暦に応じていますので、立春が元旦となり季節のお便りは一ヶ月遅れとなるのです。おひな様に飾るひし餅の三色には意味がこめられています。色々な説がありますが、白は雪、緑は雪解けから姿をみせた草(よもぎ)、ピンクは春の花(桃の花)。意味を知ると行事食にご興味がわいてきませんか?ひなまつりは女の子の成長を祝うお祝いですから、晴れの席では華やかさがほしいものです。「ひなまつりの歌」そのままになりますが、ひな人形をしつらえ、ぼんぼりを灯し、桃の花を飾って、白酒を注ぎ、家族みんなで子どもの成長を祈願します。宴のメニューには色とりどりの「ちらし寿司」。陰陽五行の五色を盛りつけると彩りがよくなります。(例:青=菜の花、赤=いくらなど、白=米、黒=海苔、黄=玉子)そしてはまぐりのお吸い物もかかせません。はまぐりは女の子の貞操を意味し、将来、女の子がいい相手と結ばれ、良い夫婦となって幸せになれるようにという思いが込められます。白酒は甘酒が良いと思います。甘酒は酒麹と砂糖を煮てつくる飲み物ですが、普段あまり食さない味を知ることも行事食ならではだと思います。行事食を漆器に盛ると「晴れ」の席がおごそかに華やぐでしょう。普段なかなか使わないお椀やお重など、ひなまつりにぜひご活用下さい。親子で一緒に行事食を作るのも楽しい試みですね。上手に出来なくても、作ったという達成感が子どもの成長を祝うことにつながるでしょう。お子様にとって大切な思い出となり、女の子が将来お母さんになったときに継承されることは素晴らしいことだと思います。(歳時あそびの会:すずきあき)

次号は「端午の節句」です。