Together to Tomorrow

あしたにむかって -aki's blog-

2016年09月

izu1
izu2
izu3
台風接近中の南伊豆。

ジオパークをちょっとだけ体感しました。

こんな近くなのに知らなかった大自然、ジオ…もっと知りたいと思ってます。

そして、次回は潜るぞ!

次々と台風が上陸しこの季節らしい季候が続いていますが、一昔前とは季節の変わり目が変わってきたように思います。日本の熱帯化を強く感じています。
「上品倶楽部」紙面に「十五夜」行事について写真と併せて文章をかかせていただきました。お時間があるときにお読みいただければうれしく思います。
関連サイト「上品倶楽部」http://johin-club.jp/
十五夜
【本文】
秋の虫が泣きはじめ、夕暮れの空には赤とんぼが舞い、秋への移ろいを感じる季節です。
九月は秋のお月見行事が行われますが、お月さまは神秘的な力をもつものとして太古の昔から人々に崇められてきました。
旧暦では七月から九月までが秋となり、収穫の季節をむかえる頃となります。八月はその真ん中にあたるので、中秋、仲秋とよびます。日本人は古来より月の満ち欠けで月日(二十四節気)を知り、日々の生活を営み、農耕作をつないでいました。そのため、一年でいちばん重要な収穫期の満月を豊穣の象徴としてきました。旧暦の八月十五日は「十五夜」呼ばれます。十や五にちなんだ数で、収穫した米で作ったお団子や、野菜などをお月さまにお供えし、その年の豊作に感謝しました。新暦では、里芋の収穫期にあたることから「芋名月」ともよばれます。人々もお月さまのお裾分けをもらってお団子を食べたり、稲の豊穣を祝ってお酒を飲んだりと楽しみますが、これを直会(なおらい)といいます。
平安時代には、中国から「中秋の名月」を愛でる「中秋節」の風習が伝わり、宮中では十五夜の満月を愛でながら、楽器を演奏したり和歌を詠んで過ごしたそうです。
一年中豊かな食物に恵まれるようになった現代ですが、その意味を知れば、お月見行事がより豊かなひと時になることと思います。ことに、日本人は昔からお月さまが大好きです。お月さまにはうさぎが餅つきをしているように見えますが、うさぎも豊作を喜んでいる姿でしょうか。今年の十五夜はぜひご家族そろって食卓を囲み、お月さまと一緒に秋の旬をお楽しみください。今年の十五夜は9月15日(木)になります。

<十五夜の室礼>
三方、15個の月見団子、ススキ(稲の依代)、豊穣に感謝した季節の野菜

<兎の折方の室礼>
和紙で折ったうさぎと満月、秋の野花

(文・室礼/すずきあき)

このページのトップヘ