自然界の春が近づいています。
「上品倶楽部」紙面に、「節分」について写真と併せて文章をかかせていただきました。お時間があるときにお読みいただければうれしく思います。
setsubun
【本文】

2月4日は二十四節気の「立春」にあたり、文字どおり春の始まりをさします。春告げ花の梅が咲きはじめ、空気は冷たくともふんわり春の香りが感じる頃。旧暦のお正月はこの「立春」から始まるので「新年」と「新春」が結びつくのです。「立春」の前日2月3日は「節分」行事が行われます。元旦の大晦日のように、一年の穢れを祓い、清々しく新しい年を迎える日とされています。

「節分」の日には、年の邪気を祓って新しい年を迎える「豆まき」が行われます。邪気の象徴である「鬼」は隠れて姿の表さないものとして「隠(おに)」とも書くそうです。「豆」は「魔滅(まめ)」に通じ、豆を「煎る」は「射る」に語呂を合わせているとか。

さて、節分の日に退治する恐ろしい鬼、なぜあんな格好をしているのでしょう?一説によりますと、ウシとトラが混ざった架空の生き物だそうです。2月は丑虎(うしとら)の方角に位置し「鬼門」とも呼ばれ縁起が悪いとされます。鬼の角はウシ(丑)の角、鬼の牙はトラ(寅)の歯、それにパンツはトラ(寅)柄ですね。母の実家がある秋田県では、節分の日に鬼の姿をした「なまはげ」が各家を廻る厄払い行事が行われます。私も子どものころに体験したことがありますが、雪が積もる寒い夜に土足で家に入ってくる「なまはげ」が恐ろしかったこと恐ろしかったこと。

 節分の日の行事食として「炒り豆」を食べるという風習がございます。豆は升に入れ神棚に奉り、夜になると神棚からおろし奥の部屋から順に「福は内」と言いながら豆まきをします。最後に玄関で外に向かって「鬼は外」と言ってすぐに戸を閉めます。夕食後には家族が銘々自分の年の分だけ豆の数えていただきます。これは新年にかけての「年とり」の行事に由来するもの。また「福茶」などいただく習慣もあります。

 節分の日、昔はどこの家からも子どもの元気な豆まきの声が聞こえ、お父さんも張り切って鬼を演じたものです。現在の生活にも、日本の年中行事が活き活きと存在しています。行事の意味を知り、ご家族そろって日本の季節を楽しみましょう。


<節分の室礼−1>
升をふたつにし、ますます福があるようにと祈願。
鬼=隠(おに)は文字通り隠れています。

 
<節分の室礼−2>
雪は寒さ(陰)の象徴、赤は厄除けの色
鬼の苦手な炒り豆、柊(ヒイラギ)、めざし

 
<節分の福茶>
湯飲み茶碗に炒り豆、塩昆布、梅干しを入れ、ほうじ茶を注ぐ飲み物


<かざり豆>
三方、墨で×と書いた半紙、炒り豆、鰹節


(文・室礼/すずきあき)